ワンダーフー

ワンダーフー

2022年春の新茶が入荷いたしました。

新型コロナウイルス感染拡大から2年半が経過しました。ここに来て感染者の数が減少傾向になり、経済活動に活気が戻って来たようです。海外からの旅行者の受け入れも始まり、期待しておられる方も多いのではないでしょうか。
日本から海外への渡航については一部の国で受け入れが始まりましたが、中国・台湾はビジネスビザ取得や現地での待機などまだまだハードルが高い状況です。例によって台湾茶はLINE、中国茶はWe Chatを駆使して仕入れを行っておりましたが、中国ではゼロコロナ政策を行っているために上海がロックダウンされてしまい、春茶の買い付けが出来ない状態でした。
茶葉問屋の老板(ラオパン)に連絡をしたところ、6月1日に上海のロックダウンが解除されるとのことでした。一部のメディアでは6月下旬に解除の報道がされていたので老板の話も半信半疑。微かな期待を込めて茶葉の注文を入れてみたところ、昨日EMSで2022年シーズンの春茶が入荷いたしました!!上海の経済活動が再開されたとしても、物流が通常に戻るのには時間がかかると考えていましたので驚きです。タイミングが良かっただけかも知れませんが・・・。

昨日から仕入れた茶葉を一つ一つテイスティングしていますのでお腹はすでにダブダブですが、新茶の清々しい香りに癒されて気分は最高です。特に春を代表する龍井茶の香りは格別。仕入れの量にも限りがありますので、お好きな方はお早めにお買い求めください。残念なことは、一部の茶葉の値上がりと、為替レートの円安です。1人民元が15円~16円だったのが、現在は1人民元20円。3割以上の円安です。経済活動の復活で円が強くなることを期待してほとんどの茶葉は価格据え置きですが、一部”岩茶”は少しだけ値上げになります。ご了承をお願い申し上げます。